1, 真田発祥の地上田と国宝・重文が点在する別所温泉の旅

上田市は長野県では第三の規模の都市です。鎌倉時代は北条氏の一族、塩田北条氏の所領となっていたため、多くの文化遺産が残され、千曲川左岸は「信州の鎌倉」とも呼ばれています。
また、映画、TV、アニメの舞台になることも多く、2016年の大河ドラマ「真田丸」では多くの観光客が押し寄せました。

♣スケジュール

長野駅 → 上田駅 → 上田城跡 → 真田氏歴史館 → 別所温泉  → 北向観音 → 安楽時 → 温泉宿
→ 2日目(オプションとして午前中、「周辺観光スポットの散策」もございます) → 上田駅 → 長野駅


・予約番号 UK1101

2, 長野・上田・松本三都市巡りの旅

長野上田・松本の三都市を巡るコースです。
各都市の観光名所はお客様自身でお選びいただけます
こちらでは各都市の主な名所をご案内させて頂きます。

 ◎長野市
長野市は北信地区の中心都市で善光寺の門前町として栄えてきました。全国47都道府県のうち最も標高の高い位置に県庁の本庁舎がある県庁所在地です。北陸新幹線の停車駅で、長野電鉄や川中島バスに接続されています。長野駅から善光寺まで、およそ2kの道のりです。

・善光寺・
善光寺は今からおよそ1400年前に創建された一光三尊阿弥陀如来をご本尊として安置されているお寺す。日本最古の仏像で、インドから百済、そして日本に渡って来られました。その頃日本では悪い病が流行り阿弥陀如来のせいにされ浪速の堀江に投げ込まれてしまいます。そこに本田善光が通りかかり阿弥陀如来に呼ばれた善光がこの信州の地に持ち帰りました。

・本堂・
国宝に指定されている本堂は高さ25.8m、間口23.8m、奥行き53.8mで奈良の東大寺の大仏殿、京都の三十三間堂に続く大きな建物です。

・大勧進・
大勧進とは役職名でしたが、善光寺ではこの役職名が寺名として残されています。大本願とともに善光寺の運営にあたり、住職は貫主と呼ばれ、大本願の住職の善光寺上人とともに、善光寺の住職を勤めています。
大勧進では護摩祈願が行われております。護摩は、ご本尊前に護摩壇を設け、種々の供物をその護摩釜に投じ入れて供養祈願することで、智慧の炎によって諸々の罪障煩悩を滅して願いごとを成就させる密教の修法だということです。
大本願も善光寺境内にある浄土宗の尼寺です。代々の住職は公家から迎えられ、善光寺上人と呼ばれています。

◎上田市
上田市は東信地方および上小地域の中心都市で、長野市、松本市に次ぐ都市です。戦国時代に真田家が築いた上田城を中心とする城下町と、鎌倉時代に執権北条氏の一族、塩田北条氏の所領に、安楽寺や北向観音など、多くの文化遺産が残されており信州の鎌倉と呼ばれています。北陸新幹線が通っており上田電鉄に接続されています。

・上田城・
真田幸村の父、真田昌幸によって天正11年に築城された上田城は、徳川軍を二度にわたり撃退した難攻不落の城として知られています。真田氏は平安時代から長野県東信地方に栄えていた海野氏の一族です。大阪冬・夏の陣で幸村は活躍しますが徳川家康の首まであと一歩のところで戦死してしまいます。幸村の兄信之はのちに松代に移り真田家の礎を築いています。
現在上田城は日本百名城 27番・日本夜景遺産に認定されています。
上田城には、眞田神社・上田市立博物館などの観光スポットが集まり、上田城千本桜まつり・上田真田まつり・上田城けやき並木紅葉まつりなどの各季節にイベントが開催されています。

・北国街道柳町・
上田城から徒歩約8分。北国街道沿いの家並みが残る通りです。面影を残す街並みは白い土塀に格子戸のある家、古道具屋、杉玉のある造り酒屋などがあります。現在では、地酒・地ワイン、信州そばや美味だれ焼き鳥、また天然酵母のベーカリーやご当地スイーツなど、信州上田の魅力的な名物・銘品を扱う店舗が並ぶ、江戸時代の面影を残しています。

・別所温泉・
別所温泉は景行天皇の時代、日本武尊により発見された温泉です。別所という地名が初めて歴史に登場するのは13世紀であり、その由来は「将軍塚」で有名な平維茂が鬼無里伝説、鬼女紅葉討伐の際北向観音に祈願し退治に成功したため、この地に別業(別荘)を建て、別所と呼んだところから来ているといわれています。
泉質は単純硫黄温泉で、美白や疲労回復、老化防止に効果ががあるといわれています。

・北向観音・
北向観音堂は平安時代初、期比叡山延暦寺座主の慈覚大師円仁により開創された霊場です。寿永元年源平争乱の中、木曾義仲の手により八角三重塔と石造多宝塔を残して全て焼失してしまいますが、源頼朝の命のもと伽藍復興がおこなわれ、建長4年に塩田陸奥守北条国時により再興されました。北向観音様は北向に建立され 千手観音様を御本尊として現世利益を願い、また善光寺様は南向きに建立され阿弥陀様を御本尊として未来往生を願います。片方だけでは片詣りと言われ、向き合ってる両方をお詣りしたほうが良いといわれています。境内には、種々な誘惑や困難を打ち砕いてくれるという愛染明王の安置されている愛染堂や長野県の天然記念物に指定されている愛染カツラがなどがあります。

◎松本市
長野県中信地方に位置しており、国宝松本城の城下町として栄えています。幸いにも戦火を免れたことから、旧開智学校などの歴史的建造物が多く残っています。平安時代に、信濃国府が松本の地に置かれ、中世には信濃守護の館の所在地として、また、江戸時代には、松本藩の城下町として栄えました。特急あずさの停車駅で、各地に鉄道が接続されています。

・松本城・
戦国時代に造られた深志城が始まりです。松本平に館を構えていた小笠原氏が館を東山麓の林に移します。深志城もこの頃、林城の前面を固めるために造られました。その後、甲斐の武田信玄がこの地を占領し、信濃支配の拠点としましたが、正10年、小笠原貞慶が、本能寺の変による動乱の虚に乗じて深志城を回復し、名を松本城と改めました。
五重六階の現存天守としては日本最古です。明治の大改修後の昭和11年に、国宝に指定されました。

・旧開智学校・
開智学校は、明治6年5月6日、筑摩県学を改め学制による小学校として、廃仏毀釈で廃寺となった全久院の建物を仮の校舎として開校しました。
新校舎は明治9年4月に全久院跡地に竣工し、昭和38年3月まで約90年間使用された、最も古い小学校です。
旧開智学校は、昭和36年3月23日に重要文化財に指定されました。現在は、教育博物館になっています。

・浅間温泉・
浅間温泉は、地元の豪族であった犬飼氏が天慶2年に発見したといわれています。江戸時代の松本藩主が別邸を置き、それ以来松本藩の保養所とかねた屋敷として使用されました。善光寺街道に接した宿場として栄えました。
泉質は、アルカリ性単純泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ痔疾・慢性消化器病・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進に効果があるといわれています。

♠スケジュール

長野駅→善光寺→長野駅→上田市(散策・観光地をお選びいただけます)→温泉宿
2日目
温泉宿→上田駅→松本駅(散策・観光地をお選びいただけます)


・予約番号 UK1102

★。・:・。☆・。:・。★。・:・。☆。

オリジナルツアー 一緒に作りませんか ♪
行きたいところへより詳しく簡単に
リーズナブルに行っちゃいましょう ♪
パックで組めばお安く便利

ご相談は以下まで。ご相談無料です。

★。・:・。☆・。:・。★。・:・。☆。

長野市栗田北中1020-1
TEL 026-266-0039


電話でのご予約 ?026-266-0039 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

 

スキーツアー リフト/チケット 

スキーツアー リフト/チケット 

長野県内発着東京ホテル付き

長野県内発着東京ホテル付き

県内団体・企業様企画旅行

県内団体・企業様企画旅行

ピックアップ記事

  1. 2018/9/8

    戸隠
    ◎天の岩戸伝説や忍者の修行の山として知られている戸隠山で日々…
  2. 2018/9/7

    松代町
    ◎真田十万石の城下町として知られている松代は真田家や佐久間象…
  3. 2018/9/5

    志賀高原
    ◎自然の心地よさを感じる散策から、中級・上級者向けのトレッキ…
  4. ◎奥裾花渓谷、ミズバショウ大群落の「奥裾花自然園」 鬼無里…
  5. ◎戸倉上山田温泉・姨捨をめぐるツアーのご紹介 戸倉上山田温…
  6. ◎信州上田をめぐるツアーのご紹介 上田・別所温泉のツアーは…
  7. 善光寺のツアーはこちらからです 善光寺についてもう少し詳し…